早朝8:00~夜間20:00まで診療 059-246-8220

〒514-0062 三重県津市観音寺町442-11

無料託児サービス
日曜午前診療

津市 歯科・小児歯科なら 津ファミリア歯科

妊娠中・出産後

Doctor’s Profile 当院の治療方針はこちら

訪問診療

院内ツアー

津ファミリア歯科のブログ

HOME»  妊娠中・出産後

津ファミリア歯科のマタニティ歯科

妊娠中のお口の中について

妊娠中はホルモンのバランスや、つわりによって歯ブラシが出来ない等の理由で、様々なお口の変化が起きやすくなり、虫歯・歯肉炎等の リスクが上がります。
また、歯周病菌は「早産・低体重児」の危険リスクと言われております。

上記の疾患は、いずれもお口の中を清潔にすることによって予防できますので、お口の中の管理を一緒にしていきましょう。

うまれてくる赤ちゃんの歯について・・・

おなかの中の赤ちゃんの歯は、妊娠7週目位からできはじめます。
お母さんは、充分な栄養をとり、ゆっくり休息して頂くことが大切です。

妊娠中の虫歯の治療

受診時期について

基本的に歯科治療をうけてはいけない時期はありません。
つわりや早産等のリスクを考えると、比較的症状の軽い安定期(5ヶ月~)の治療をおすすめさせて頂いております。
胎児に影響を及ぼす可能性のある初期や、母体に負担がかかる後期は、緊急を要しない限りはお口の衛生管理や、出来る限り負担の少ない治療をお勧めいたしております。

出産後のお口の中

よく、「子供を産むと歯が1本抜ける」と言われますが、それは胎児に母体のカルシウムをとられるからではありません。
妊娠中に引き続き、出産後もホルモンバランスや、子育ての忙しさで歯ブラシが出来ない等の理由で、口腔内が不安定な状況が続きます。

出産後は、生まれてきた赤ちゃんの為にも、お口のケアーが必要です。

お母さんから虫歯がうつるって本当??

虫歯菌はうまれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。
ではなぜ虫歯になるのでしょうか?
それはご家族のなどから赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が感染しているからです。
出来る限り口移し等は避けたいものです。
虫歯菌の量が多ければ多いほど、早ければ早いほどお子様のお口の中の虫歯菌の割合は増えてしまいます。
とはいえ、スキンシップはお子様の心の成長において欠かせないものです。
大切なのは、お父さん・お母さんのお口の中のケアーをしっかりしていただくこと。

ご家族のお口の健康が、そのままお子様のお口の健康につながります。

PAGE TOP