早朝8:00~夜間20:00まで診療 059-246-8220

〒514-0062 三重県津市観音寺町442-11

無料託児サービス
日曜午前診療

津市 歯科・小児歯科なら 津ファミリア歯科

一般歯科

Doctor’s Profile 当院の治療方針はこちら

訪問診療

院内ツアー

津ファミリア歯科のブログ

HOME»  一般歯科

無痛治療

お口の病気の大半を占める虫歯・歯周病は、それぞれ原因菌が違い、症状も異なります。
どちらも日々のブラッシングや、定期的な予防処置で早期発見、症状の悪化を防ぐことが可能です。
治療が必要な場合は、それぞれの症状と程度に最適な治療を行っていきます。

津ファミリア歯科では出来るだけ痛みを和らげる治療をしております。

歯医者は「痛い・怖い」といったイメージが強いと思います。
また、痛みの感覚には「個人差」があります。
津ファミリア歯科では、出来る限り患者様に痛みを感じさせないよう、さまざまな工夫をして治療をしております。
患者様の不安と痛みをなくす治療を心掛けております。不安な方はスタッフまで、お気軽にご相談下さい!!

(1)表面麻酔
麻酔薬を歯茎に塗ることによって、最初の「チクッ」を解消します。

表面麻酔

(2)電動注射器でゆっくり注射
麻酔液を歯茎に注入する速度が速すぎると痛みを生じます。
「電動注射器」を使用することにより手よりも正確に注入のスピードをゆっくりとコントロールし、痛みを軽減します。

オーラスター

(3)麻酔剤を温める
麻酔液をもっとも痛みの少ない37℃に温めます。

カートリッジウォーマー

虫歯の進行

歯の表面が脱灰し、溶けはじめた状態です。
痛みはありません。健康な歯の表面は透明感がありますが、脱灰がおこるとその部分が白っぽくなります。
適切なブラッシングと、予防処置により再石灰化を促して治します。

歯の表面のエナメル質が溶けはじめた段階の虫歯です。
初期の虫歯で痛みはありません。
虫歯の部分だけを削除して合成樹脂(レジン)を充填します。
レジンは光に反応してすぐに固まります。歯と同じ色に出来るのでまったく目立ちません。
年月とともに、多少変色します。

POINT!

虫歯がエナメル質内の段階であるなら、麻酔を使わない治療で済みます。
治療も1回で済み、回数もかかりません。
定期健診で、初期の段階で発見する事が大切です。

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。
象牙質はエナメル質よりも軟らかい組織なので、虫歯の進み方が早くなります。
C1と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削った後に歯型をとり、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。
この段階では、歯髄に細菌が侵入して激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、充填します。
また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、かぶせ物をします。

歯根まで虫歯が進行した状態です。
化膿して膿がたまってしまいます。最悪の場合、抜歯が必要になる場合もあります。
抜歯後の治療方法としては「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」などがあります。

歯周病とは?

口臭や出血の原因・・・歯周病

みなさんは、歯周病についてどこまで知っていますか?
歯そのものを傷める「虫歯」とは違い、歯周病は、歯を支える周りの歯周組織におこる病気です。
つい「虫歯」に関心が向いてしまいますが、歯周病は様々な全身疾患に関連する病です。
心疾患や糖尿病、低体重児に影響があることが報告されております。
歯周病菌は、腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し、全身に回ります。

「気にはなっていたけれど、つい・・・」
「虫歯は気にしていたけれど、歯茎は・・・」
というつらい言葉を当院でもよく耳にします。

しかし、30歳以上の80%以上の方は歯周病を患っているという統計はもとより、日本人が歯を失う原因としては歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう怖い病気です。
一度溶けてしまった骨は元には戻りません。
虫歯よりも歯周病で失う方が圧倒的に多いことが事実です。

POINT!

毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、口腔内のケアーを専門家の元でしっかり行う。
歯周病を予防することが全身の生活習慣を予防することに繋がります。

歯周病の進み方

歯肉炎:歯周病の初期段階です。歯周病菌(プラークの中に多く含まれる)の付着によって歯肉(歯ぐき)に炎症をおこしたり、歯みがきで出血します。
ブラッシング指導や歯石除去・歯のクリーニングが基本的な治療になります。

POINT!

この段階では、歯茎が炎症を起こす為自覚症状が多いです。
仮に症状があっても、「たいしたことはない」と放っておくと歯周組織が侵される「歯周炎」へと発展してしまいますので、歯肉炎の段階で早めに治療・意識改革を行うことがとても大切なのです。

歯周炎:歯周病菌によって、歯槽骨・歯根膜・セメント質が溶かされはじめた状態です。
歯がグラグラしたり、歯が長くみえたりします。
この状態では、普通のブラッシングでは歯垢(プラーク)を取り除くことが難しく、症状がどんどん進んでしまいます。
歯科医院で治療をしなければ、最終的には歯が抜けてしまう場合もありますので注意が必要です。

POINT!

歯周炎まで症状が進行すると、治療が大変です。
定期的に歯医者で予防処置(メインテナンス)・意識改革を行い事前に症状を防ぐことが大切です。

新しい治療法、歯周内科治療

津ファミリア歯科では、ブラッシングや歯石・歯垢除去による従来の治療に加えて、お薬を併用する「歯周内科治療」をとりいれております。

「短期間で飲んで治す!歯周病治療とは?!」

顕微鏡での菌の特定や薬の技術革新やお薬確立により、投薬により「原因菌」を完全に除去することを目指す。これが歯周内科の治療です。

治療の流れ

1.歯周ポケット検査・レントゲン検査
「プローブ」という器具を用いて、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

ポケットが3ミリまでは健康な歯ぐきの目安となります。
ポケットが4~6ミリになると、歯ぐきが腫れてブラッシング時の出血、冷たい水がしみる。
また、歯が浮く感じがしたり口臭も酷くなります。
ポケットが8ミリ程度になると、歯がぐらついたり、膿が出てより口臭が酷くなります。

位差異顕微鏡検査

2.カウンセリング
お口の状態や生活習慣、治療の説明等詳しくお話させて頂きます。

3.位差異顕微鏡検査
お口の中の菌を顕微鏡で調べて、原因菌を特定します。
トレポネーマデンティコーラ・カンジタなどスピロヘータ類菌の有無。
ご自身のお口の状況を知って頂く事が何より大切です。

4.上の検査の結果から歯周内科治療が有効か否か。
また内服して頂くお薬の組み合わせ等の治療計画・治療内容をご説明致します。

※医師が歯周内科の治療を必要ないと判断する場合もございます。

薬

5.投薬・塗り薬の開始
本格的な投薬の前に必要な飲み薬、必要に合わせて抗菌効果のある歯磨き粉を処方させて頂きます。

6.本格的な投薬の開始
1日2錠のお薬を3日間服用し、歯周病の原因菌を完全に除去します。

7.口腔内のケア
お口の中に菌が居ない状態で、徹底的に歯周ポケットの中の汚れ(歯石等)をクリーニングします。(原因菌が再発出来ない状況をつくります。)

8.検査
再び位差異顕微鏡でお口の中の菌の状況を確認致します。
菌がいなくなっていれば除菌完了。治療成功となります。

※5%の割合で特定の菌が残る場合がございます。
※これらの治療で90%近くの成功率が確認されております。
※歯石が多い場合はクリーニングを数回にわけて行う場合がございます。

PAGE TOP